借金の種類と債務整理について

まず、借金にはいくつかの種類があります。
それは、保証債務、消費者金融、個人の事業用のための資金、商品購入、金融機関からの借入、親族や友人からの借金、クレジットカードのキャッシングなどがあります。
また、借金は急に借金してしまう場合と、きちんと計画的に借金する場合があります。

そして、借金返済をするうえで、法的な手続きがあります。
この手続きは4種類あり、任意整理、自己破産、特定調停、自己再生があります。
これらの法的な手続きのことを債務整理といいます。

まず任意整理とは、弁護士や司法書士が全ての借入先と交渉し、返済額を減らすことです。また、過払い金が返ってくる場合もあります。

次に自己破産です。自己破産は個人の資産が全てなくなり、さまざまな制限や手続きがあるけど、これを行うことで全ての借金を無くすことができます。なので、最終手段と言えます。

そして、特定調停とは、簡易裁判所で調停委員をなどの第三者を間にはさみ債務者と交渉することです。
この特定調停は、自分でもすることができます。

そして、自己再生です。自己再生とは民事再生法という法律の手続きの一つです。
これは借金を減らし、その減らした借金を3年かけて返済していく方法です。また、住宅ローンがある人が対象となります。

これらの債務整理を行っている間は全ての返済がストップされるので、金融会社からの催促がなくなるので精神的にホッとすることができます。
なので、借金を返済するにあたって、債務整理をしてみるのもいいかもしれません。

自分の目標を達するための借金は必要悪だと思います

私が自分自身の経験から言えることは、借金とはタイミングさえ間違わなければ夢への切符になりうるということですね。
これは借金が何でもかんでも悪であるという考えとは一線を画すもので、私自身の経験から学び取ったことです。
私は現在、自営で仕事をしています。いわゆる士業というもので、取得した資格を武器に日夜忙しくさせてもらっています。
そんな資格ですが、順風満帆の下で取得したわけではありません。私は元々会社員として働いており、何も無ければそのまま会社員として一生を終えていたのではないかと思います。
しかし、勤めていた会社の業績が急激に悪化。二年後に会社が倒産をしてしまい、身一つで社会の荒波に放り出されてしまったのです。
さらに運の悪いことに、再就職をしようにも世の中の景気が悪く良い仕事は見つからずじまい。
そこで一念発起をして、会社に頼るような生活にならないために資格を取得しようと考えたのです。
そして借金をして大学に進学し、死に物狂いで法律の勉強に勤しみました。本当に辛く長い四年間でしたが、その後、目標としていた資格に合格。
数年間下働きをした後に、晴れて念願の自分だけの城を構えることが出来たのです。
背水の陣ではありましたが、借金の存在が資格取得の大きな原動力にもなりましたね。
様々な意見があるとは思いますが、そのようにして考えれば借金も一概に悪であるとは言い切れないのではないでしょうか。

若かりしときの苦い思い出…クレジットカードを使いすぎた体験談

私が社会人なりたての頃、社会に出てすっかり大人になったと思い込んでいた私は、憧れの社会人生活に浮かれて、金銭的な理由から学生の時には購入できなかったものや、趣味の為にお金をつぎ込んでいました。ある日、ショッピング好きな友人からクレジットカードで買い物をするとポイントも付き、現金を持ち運ばなくてもいいため、楽だという話しをされ、自分もクレジットカードを作る事にしました。今思うと当時の私はカードで買い物をするのは大人な感じがして、かっこいいと思っていたのかもしれません。
それから数日後、無事審査を通過し、クレジットカードが自宅に届きました。さっそくネットショッピングでクレジットカードを使用したのですが、一度カード番号を入力すると面倒な入力も無く、簡単に商品が購入できてしまうため、クレジットカードを初めて使用した私にとって、これは非常に驚きだったのです。
クレジットカードを作ってからから私はネットショッピングを利用する機会が増え、それと同時に請求額も増えていきました。最初は貯金を当てにして、支払いを行っていたのですが、学生時代に我慢した分、物欲が湧いてしまい、ついにパンクしてしまったのです。
まだまだ大丈夫だろうとしっかりお金の管理をしていなかった為、これまでの貯金は底をつき、ついに給料でなんとか支払を行っていたのですが、もはや給料ですら追いつかなくなってしまいました。
毎月の支払を気にして買い物を行っていればこんなことにはならなかったのですが、当時の私は考えが幼過ぎたのだとおもいます。クレジットカードを利用するということはお金を借りて買い物をする事だと実感したのはパンクしてからでした。
それからというものクレジットカードの利用は出来る限り避け、現金で購入する様にしています。お金の管理がしっかりできないとクレジットカードの利用は難しいものだと勉強になりました。今思うといい経験です。

どうしてもお金を借りる必要がある時は借りるべき

私は、どうしてもお金を借りてするべきことがあるならば、借金をすることを考えても良いと思います。それはどういった時なのか、人によってシチュエーションは様々だと思います。例えば、欲しいものが限定販売で、今すぐにでも買わないとなくなってしまうといった場合や、家賃を滞納してしまう危険性がある時などが考えられます。
家賃の支払いのために、その場しのぎでお金を借りるならまだしも、たかが欲しいものを買うために借金をするなんてアホらしい、と思う人がいるかもしれません。しかし、欲しいものをどうしても手に入れたいという気持ちは、当事者にしか分からないものです。自分にとって必要な場面だと思ったならば、借金をするという選択肢を考えてみることもありだと思います。
しかし、もし借金をすることになっても、返済が無理そうだと思う額は借りないでください。あまりに多額のお金を借りてしまうと、首が回らなくなってしまい、それが日常生活にも悪い影響を及ぼして、借金をしたことを後悔してしまいます。必ず短期間で返済できる程度にとどめておくようにしましょう。借金を借りることもあるかもしれませんが、すぐに返せる程度でないと、身を滅ぼしてしまいます。

友人の債務整理の体験談

借金というのは多かれ少なかれ社会人になると持っているものですが、最近同窓会で出会った昔の友人がなんと借金で債務整理をしたということを聞いてびっくりしました。最初は債務整理って聞いた時はまさか自己破産じゃないのかと思ったのですが、実は個人再生というものらしくてそこまで借金で大問題ということではなさそうなので安心しました。

さてその債務整理での個人再生ですが、こちらは聞いてみると自己破産とは違って家を財産として没収されることなく、借金の返済計画を見直すというものだったそうです。確かに家がなくなってしまうと住所的な問題がありますし、その彼も家族がいるというので路頭に迷うといったことは無さそうなので安心しました。この債務整理ですが法律事務所に相談をしてもらったそうで、無料相談だったのがすごく助かったそうでした。やはり大手の法律事務所はこのような債務整理になれているらしくて、彼も相談に乗ってもらって手厚いアドバイスやサポートがあって助かったと言っていました。振り返ってみると自分も多少は借金がありますが、クレジットカードの支払いがちょっとあるぐらいなので、これくらいなら借金で首が回らないといったことは今は無さそうです。でも万が一時を考えたら法律事務所が相談に乗ってくれるということを覚えておくのは悪くないかなと思いました。

おさななじみの親友から借金して思ったこと

借金をしたのに利息を払わなくて良いというのは、とてもありがたいことです。利息がなければ借りたお金だけを返せば良いだけですからとてもわかりやすいですし、返そうという意欲も高くなりやすいです。それを心から思い知ったのが、親友から借金をしたときです。

その親友からいろいろな事情があって借金をしたのですが、そのときに「利息なんて取らないから」と言ってくれました。その親友とは幼稚園の頃から一緒のおさななじみで、だからというわけではないのですが本当に気持ち良く貸してくれました。私はありがたいと思って遠慮なく借りたのですが、後から借金の利息がない素晴らしさに気付きました。

しばらく経ってからキャッシングやカードローンなどいわゆる消費者金融の借金を利用したこともありましたが、それらには例外なく利息がついてまわりました。消費者金融は遊びでお金を貸してくれるわけではなくてそれがビジネスなのですから、それは当たり前で何の非もありません。しかしだからこそ、おさななじみの親友とはいえ利息を払うことなく借金ができる素晴らしさを、改めて私は知ったのです。借金は利息があって当然なのですが、稀にそれがなくても大丈夫なありがたいケースもあるのです。

即日中に消費者金融で借金する時に社会人が注意すべき点とは?

今日中に足りない生活費を借金したい場合は、消費者金融の即日融資サービスを利用すると大変便利です。
消費者金融で即日融資を受けたい場合は、銀行口座にお金が振り込まれる方法と、キャッシングカードを使って自分でATMでお金を引き出す方法の2つのパターンに分かれます。
銀行振込での即日融資なら、自宅から外出せずともお金をネット上で簡単に受け取る事ができますが、午後2時までに所定の審査と身分証明書などの本人確認書類の提出を済ませておかないといけません。
ですから会社勤めしている社会人の場合は、午後2時までに即日融資の申込をするのが不可能な人も多いので、電話で一旦申し込んでから外に設置されてる消費者金融の無人契約機を通して審査を受けるようにすると即日キャッシングが可能になります。
ちなみにアコムでしたら、平日は夜9時まで無人契約機が稼働しており、会社が終わった後でも即日融資の審査を申し込む事ができます。
その他にプロミスやモビットにも無人の契約機が最寄の繁華街の外れに設置されている事が多いので、借金する際に掛かる利息の水準や借りやすさなども含め、よく検討してから時間に余裕を持って申し込むのがお勧めです。
最近の消費者金融は、銀行並みにスピーディーで丁寧な接客をする所も多いですから、初めて借金するなら大手の業者で契約手続きするのが安心でしょう。

借金返済の怖さと債務整理について

借金と言うのは非常に怖いものであるといえるでしょう。
借金をしてしまうと、利子などの返済が追い付かず、返しても返しても、どうしようもない状態になってしまうことが多いです。
そして、さらに別の所から、借りることによって、そしてさらに利子が増えていくという事態になってしまいます。
場合によっては、返済が滞り、家や、車など資産をすべて投げ出さなくては行けなくなってしまったり、生活が出来なくなってしまうのです。
このように、借金と言うのはその人の人生が破壊されてしまうものであり、借金というのはなるべくしないことが大切です。
しかし、借金があり、どうしようもなくなってしまった場合は、法律で解決するという方法が良いでしょう。
たとえば、自己破産などの債務整理を行うことが大切です。
債務整理を行うことにより、借金が減ったり、またさらには、借金そのものがなくなったりしますので、手続きをすることが必要です。
しかし、手続きの仕方が分からなかったり、またどの方法が良いのか分からない、そういった場合は、弁護士に相談することが大切です。
弁護士に相談した場合、こうした手続きを代行してくれますので、安心です。
まずは無料相談などもありますので、こうした相談をしてみるのも良いですね。
そこで、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらのサイトの管理人さんも、400万円の借金を抱えていて債務整理をしたそうです。
債務整理を考えている方なら参考になると思いますよ。
借金が払えないなら楽な方法を選びませんか?返済できないなら…

主婦が積極的に活用したいレディース専用キャッシングとは?

借金する人の中には、何も大人の付き合いが多い男性のサラリーマンだけでなく、お洒落や趣味も楽しみたいという女性も意外に多いです。
中には給料日まで生活費が持たないから、余裕を持って借入したいという主婦の人の消費者金融への申し込みも近年多くなっています。
ただ女性の中には、申込する時に掛かってくる電話の主のキャッシング業者の社員が、怖い口調の男性だと気遅れしてしまう人も少なくないでしょう。
そんな時の対処法としてお勧めなのは、女性専用キャッシングを提供してる消費者金融又は銀行カードローンの会社の利用です。
女性専用キャッシングの場合、ネットか電話での融資申込が必須になりますが、折り返しで本人確認の為に掛かって来る電話も全て女性になります。
現在、女性専用キャッシングで有名なのはプロミスやレイク、ノーローンなどがあり、中でもプロミスとレイクは初めての借金の時は利息なしでお金が融資して貰えます。
ただプロミスとノーローンは、総量規制のキャッシングに該当するので収入がゼロの専業主婦への貸付は行ってませんが、何かしらパートやアルバイトで少額でも生計収入を得ている時は申込ができます。
そして女性専用キャッシングでは、具体的な返済スケジュールの組み方や適用金利の計算の仕方もオペレーターからアドバイスを貰えるので、業者でお金を借りるのが初めてという主婦は是非活用をお勧めします。

旦那の借金

それほど大きね金額ではないのですが旦那に借金があります。
結婚する前に借りたものらしいのですが、私は結婚後に知らされたので何か腑に落ちないところがあります。
そして借りる原因となったのが以前交際していた女性と言うのだからおもしろくありません。
まぁ、原因は旦那にあるようなのですが…
二人は結婚を前提に交際していたので式の資金などを一緒に貯めていたそうなのですが、旦那が使い込んでしまったそうで、その使ってしまったお金の穴を埋めるためにカードローンでお金を借りたそうなのです。
言ってしまえば私と出会う前の話のことだし、知らされていなかったこと…
一緒になんて返したくありません。
なので私は全てのお金を管理することにしました。
旦那はかなりきつきつの生活を強いられたとは思いますが、これから家計を一緒にするものとしてお金にルーズなところを直してもらわなければなりません。
このかいあってか50万円あった借金を一年で返済することができました。
旦那には返済が終了したことは話していません。
あと1年は黙っておくつもりです。その間に借金の恐ろしさなどしっかり叩き込んでおきたいと思います。
そして借金とは無縁の生活ができるようにしていきたいと思います。